お寺や神社、古い町並み、鉄道、他色々の写真ブログ

oteraiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 14日

大畑駅 〜肥薩線〜

スイッチバックとループ線がある駅、肥薩線の大畑駅。

夜、列車が去ると、虫の声しか聞こえない。

白熱灯の灯りに照らされているのは、旅人が残していった名刺。

一枚貼ってきた。

a0288259_22315228.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-14 19:27 | 鉄道
2008年 08月 14日

祝!国宝指定!

国宝に指定されたらしく、人吉の街は盛り上がっていた。

なによりだけど、価値のが分からない観光客も増えてしまう。

それにしてもこの桃山様式・萱葺きの山門は素晴らしい。

熊本県人吉市、青井阿蘇神社にて。

a0288259_22240539.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-14 10:21 | お寺、神社
2008年 08月 13日

通潤橋

江戸時代、水不足に悩んでいた農民のために建設された水路橋である。

肥後の石工の技術が使われており、今でも周辺の田畑を潤している。

時々、水路の堆積物を取り除くために、橋の中央の穴から下の川へ放水が行われる。

今は観光目的での放水が主となったが、迫力は満点だ。

熊本県上益城郡、通潤橋にて。

a0288259_23382272.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-13 12:01 | 古い町並み
2008年 08月 12日

天国への架け橋

国東は古から仏教文化が形成されていた。

天台密教に宇佐神宮の神道を取り入れたもので、六郷満山と呼ばれる。

今なお修験者は峰入りと呼ばれる行を行い、国東の山道を歩く。

写真は最大の難所・無明橋。

煩悩にまみれた俗人は落ちるという。

大分県 豊後高田市、天念寺にて。


a0288259_23495230.jpg






































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-12 12:50 | お寺、神社
2008年 08月 11日

八幡様の総本宮

宇佐神宮は、全国に4万以上あると言われる八幡宮の総本宮である。

八幡様といえば、今では庶民的な神様として私たちに馴染みがある。

戦いの神でもあるが、それは清和源氏以降の話であり、それ以前のことはよくわかっていないらしい。

もともとは応神天皇を祀ったもので、誉田別尊(ほんだわけのみこと)と呼ばれる。

まあ、ご利益があるよう、神頼み。

大分県 宇佐市、宇佐神宮にて。


a0288259_00220663.jpg











































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-11 15:25 | お寺、神社
2008年 08月 11日

鏝絵(こてえ)

左官が壁を塗る鏝で壁に絵を描いたものが鏝絵。

全国に点在するが、ここ大分県宇佐市安心院(あじむと読む)は鏝絵が多く残る街だ。

一般の住宅の壁に鏝絵が描かれており、家の人も気軽に見せて下さる。

縁起物が多く、龍、虎、松、鷹、恵比寿、茄子まである。

散策しながら歩くと発見があり、楽しい。

大分県 宇佐市 安心院にて。


a0288259_00054086.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-11 13:33 | 古い町並み
2008年 08月 10日

壮絶な段々畑

段々畑というと、のどかな里山をイメージする。

ここ遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段々畑は壮絶だ。

宇和海に面した斜面全体が段々畑になっており、下から見上げるとまるで要塞の城壁だ。

これを作り上げた先人の偉業に感嘆。

後世に残していきたい日本の風景だ。

愛媛県 宇和島市 遊子水荷浦にて。

a0288259_22005350.jpg
a0288259_21485366.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-10 14:35 | 古い町並み
2008年 08月 09日

うだつが上がる街

江戸時代から藍の集積地として栄えた脇町。

今も残る豪商の家々には「うだつ」が上がっている。

うだつとは、隣家との境に造った防火壁のこと。

これを作る(上げる)には巨額の費用がかかるため、いつしか富や出世の象徴となったそうだ。

うだつが上がらない自分には縁がない。

徳島県 美馬市 脇町にて。

a0288259_21401720.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2008-08-09 12:56 | 古い町並み