お寺や神社、古い町並み、鉄道、他色々の写真ブログ

oteraiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

白滝の旅

今日は旭川をレンタカーで出発し、石北本線の上川〜遠軽間を走った。

目的は白滝5連発を堪能すること。

梅雨のない北海道で、しかも晴天。

駅はそれぞれの味があり、心の底から楽しんだ。

今日の写真は特別に5枚。


一番旭川に近い奥白滝(昔は駅?今は信号所?)
a0288259_21300882.jpg

続いて上白滝駅。駅舎、立地ともに素晴らしい。
a0288259_21303673.jpg

街の中心・白滝駅
a0288259_21315964.jpg

道道沿いにある旧白滝駅。新××駅は多いが、旧がつく駅は珍しい。
a0288259_21310803.jpg

最後は下白滝駅。国道のバイパスが近くを通っているが、静かな駅だ。
a0288259_21312194.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-31 10:57 | 鉄道
2014年 05月 24日

江戸の藍

隅田川沿いを歩いて、佃島まで行った。

創業以来、この地で作り続けている佃煮の名店、天安。

普通なら何か買って帰るのだけど、うまい佃煮があるとご飯が止まらなくなる。

断腸の思いで購入を諦め、記念写真を一枚撮影した。

江戸の藍が美しい。


a0288259_21130535.jpg






































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-24 16:22 | 古い町並み
2014年 05月 11日

東京の歴史的建造物

日本橋三越は、東京都選定歴史的建造物に指定されている。

奥の三井本館は国の重要文化財である。

すぐそばには日銀本店(重文)があり、この一帯は歴史的建築物巡りが楽しい。

日本橋・三越にて。


a0288259_21034186.jpg






































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-11 11:52 | 都会の風景
2014年 05月 06日

いちゃもんをつけられた鐘

歴史に残る、問題の梵鐘である。

秀頼がこの寺を再建した際、この梵鐘の銘文に家康がいちゃもんをつけた。

「国家安康」と「君臣豊楽」。

家康の名前を分断し、豊臣を君として繁栄を祈る、と読んだのだ。

そして大坂の陣が始まった。

家康ってサイテーだ。

京都・方広寺にて。


a0288259_20265124.jpg












































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-06 13:43 | お寺、神社
2014年 05月 06日

瓢箪の絵馬

豊国神社は豊臣秀吉を祀っている。

神社の方に聞いたのだが、生きている間に「俺を神にしろ!」と言ったのは、日本の歴史上、秀吉だけらしい。

笑える。

秀吉と言えば瓢箪、その絵馬を75mm/F1.8レンズで撮った。

繊細な描写だ。

京都市東山区・豊国神社にて。

a0288259_21375322.jpg






































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.


[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-06 13:24 | お寺、神社
2014年 05月 05日

村のお堂

丹波エリアをドライブした。

丹波国の三十三観音霊場というものがあるが、その二十七番札所となっているのが寿命山・明隆寺の観音堂だ。

この観音堂は、室町後期の創建で、国の重要文化財に指定されている。

ところが、行ってみてビックリ。

寺は無住で、お堂を管理する人もいない。

扉はいつも解放されており、お堂の床板は今にも抜けそうだ。

野生動物が入ってきた形跡まである。

それでもここは村の人たちの信仰の中心だったのだろう。

元来、村のお堂というのはこういうものだったのかもしれない。


a0288259_20072937.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-05 13:19 | お寺、神社
2014年 05月 04日

微笑みの石仏

花越しの石仏は微笑んでいた。

京都市左京区鹿ヶ谷・安楽寺にて。

a0288259_19571779.jpg











































Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2014-05-04 14:08 | お寺、神社