鉄道、お寺や神社、古い町並み、他色々の写真ブログ

oteraiko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:古い町並み( 63 )


2018年 08月 12日

大正煎餅

手賀沼に行った。
我孫子駅から緩やかな坂道を下がり、大通りから1本入った場所にある煎餅屋さん。
店に吸い込まれた。

ご主人が創業された当時は、店の目の前は田んぼだったらしい。
今は埋め立てが進み、店から手賀沼の水辺まで歩いて5分以上はかかる。

店内には創業当時ののれんが掛かっていた。
もちろん味に文句なし。

a0288259_22074641.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2018-08-12 12:35 | 古い町並み
2018年 05月 04日

戸定邸

明治時代の徳川家のお屋敷が今に残っている。それが戸定邸だ。
松戸駅から徒歩10分ほどの丘の上に、屋敷の周囲まで公園として保存されている。
建てた人は、水戸藩最後の藩主・徳川昭武。最後の将軍・徳川慶喜の弟だ。
慶喜が写真好きだったことは有名だが、弟・昭武も同じだったようだ。
ふたりが撮りふたりが写った写真が、併設されている資料館に飾られている。

松戸市 戸定邸にて

a0288259_21125294.jpg

[PR]

by hideponhidepong | 2018-05-04 11:33 | 古い町並み
2018年 04月 14日

百段階段

雅叙園の猫都(ニャンと)の国宝展へ行って来た。
猫好きは必見だ。
猫にまつわる絵画、書物、彫刻から雑貨まで、新旧の猫作品が勢揃いしている。

加えて古い建築物が好きなら行ったほうが良い。
百段階段は、映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったと言われている。
目黒の崖の斜面に沿って階段が続き、その途中に多くの部屋がある。
豪華絢爛な部屋から質素な茶室の様な部屋まで様々。

特に今回はほぼすべての場所で撮影可能(三脚、フラッシュは不可)。
広角大口径7-14mm/F2.8の出番だ!

目黒区 雅叙苑にて

入口からテンションがあがる。
a0288259_15015074.jpg
エレベータの中。織田信長の城か?
a0288259_15000598.jpg
これが百段階段。1番、2番と番号が付いている。
最後は99番。未完の美を表わしているそうだ。
a0288259_15000505.jpg












































柱、天井、欄干、欄間、全てが豪華絢爛。
a0288259_15000637.jpg
a0288259_15000672.jpg
a0288259_15000528.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.




[PR]

by hideponhidepong | 2018-04-14 12:48 | 古い町並み
2018年 03月 24日

両国散歩

陽気に誘われて両国へ行ってみた。
よく行く散歩道だが、すっかり春の景色になっている。
両国駅の中に、土俵を中心にショッピングを楽しめるスポットが出来ていた。
熱いぜ!両国!

東京都 墨田区にて
a0288259_17451314.jpg
a0288259_17451249.jpg
a0288259_17451398.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.





[PR]

by hideponhidepong | 2018-03-24 12:24 | 古い町並み
2017年 12月 29日

年末・京都散歩

年末の京都。

カメラに2本の単焦点レンズを持ってモノクロ写真を撮りながら散歩しました。

a0288259_00131947.jpg
a0288259_00131933.jpg
a0288259_00132004.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.





[PR]

by hideponhidepong | 2017-12-29 15:03 | 古い町並み
2017年 07月 08日

三冠受賞を三冠酒造で祝う

OLYMPUS OM-D E-M1mk2とM.ZUIKO 12-100mm/F4.0 IS PROレンズが、

これにちなんだ銘品を探していたら、倉敷市児島の三冠酒造という蔵を発見。
見に行ってみた。

創業は江戸末期と古いが、最近ニュースで聞くように一時期は蔵を閉めざるを得ないような危機にあったそうだ。
最近、若い社長さんが蔵に戻り再建を果たした。ドラマチックだ。
古い道具を使っているので大量生産はできず、1本1本手作りで作っている。

キレがあり、美味い。
ぜひ一度ご賞味を!

a0288259_22103605.jpg
a0288259_22122745.jpg
Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.



[PR]

by hideponhidepong | 2017-07-08 14:18 | 古い町並み
2016年 12月 17日

東華菜館

京都の四条、鴨川の河畔に、石造りのレトロな建物が建っている。

それが中華料理店・東華菜館。

店の前は何度も通っているが、中で食事をするのは初めて。

建物自体が立派な彫刻で飾られているが、何といっても有名なのが日本最古のエレベーター。

蛇腹式の扉で、ボタンではなくハンドルで操作する。

本格北京料理を楽しんだ後、屋上に出して頂けた。

最上階に立つ小さな塔と、四条川端の交差点を長秒時撮影。

京都市 中京区にて。


a0288259_141396.jpg


a0288259_143220.jpg


Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.




[PR]

by hideponhidepong | 2016-12-17 18:13 | 古い町並み
2016年 12月 17日

先斗町にて

この時期になると、年賀状の写真選びをしなければならない。

来年は酉年。

京都で撮影した鳥の写真で、年賀状に出せるようなものが無い。

そこで急遽撮影することになり、先斗町の提灯を撮りに来た。

風情があって良いのだが、年賀状には採用されなかった一枚。

京都市 中京区にて。


a0288259_0485912.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.




[PR]

by hideponhidepong | 2016-12-17 15:41 | 古い町並み
2016年 05月 04日

簪(かんざし)の橋

京都があまりにも人が多かったので、早々に東京に戻ってきた。

家の周りを散歩した。

浅草橋駅近くの柳橋は、橋の欄干に簪(かんざし)が埋め込まれている。

江戸時代、ここは花街であった。

今でも夕方になると三味線の音が聞こえてくる(こともある)。

東京都 台東区にて。


a0288259_23572176.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.




[PR]

by hideponhidepong | 2016-05-04 15:50 | 古い町並み
2016年 04月 30日

鳥居の意味

西陣を散歩した。

黒い板壁に赤い鳥居が並んでいた。

アートフィルター:パートカラーで撮影。

ちなみにこの鳥居は「立ちション禁止」という意味。

この警告に従わないと、必ずバチがあたる。

京都市 上京区にて

a0288259_23331480.jpg

Copyright (C) 2001 H.Kawamoto(Studio-Hidepong) All Right Reserved.




[PR]

by hideponhidepong | 2016-04-30 13:24 | 古い町並み